キャッシング在籍確認なし会社にバレない方法

キャッシングの在籍確認って?電話連絡は?会社にバレない方法ってあるの?

殆どの消費者金融では必ず在籍確認があると思っていいでしょう!プロミスでは、基本的に在籍確認があります。新規申し込みの手続きを進めるうえで、勤務先への個人名で電話が掛かってきますので、安心して対応することが出来ます!

 

しかし、勤務先への在籍確認に関して、特別な事情や要望があれば、相談にのってもらう事が出来るというのがプロミスの特徴です!その為、もしも自分宛に個人から電話が掛かってくるという事が不自然になってしまうような会社や、セキュリティが厳しく、個人情報となりますので、個人にはお繋ぎ出来ないというような回答をされてしまう会社も中にはありますので、そういった会社の場合ですと、相談をすることが可能です。

 

ちなみに、プロミスの在籍確認は、本人が電話に出たら、その出たという確認がとれただけで在籍確認となります。そして、審査結果は後ほどご連絡します、と言う回答をされます!

 

住所や生年月日を聞かれる事もありますので、もし静かな会社ですと、受け答えで怪しまれてしまう事もあるので、やはりクレジットカードを作ったので確認の電話が掛かってくると事前に断っておけばその点安心できます!

 

レイクでは、申込をされた人の手続き内容から、勤務先や勤務先電話番号が本当のものなのかを審査の一部として、在籍確認をしているのです。もちろん、レクだけではなく、他のカードローン会社でも、在籍確認は必須とされているのですが、申込者としては、会社に借入をしたということを知られるのを心配してしまうという人もいるでしょう。

 

ですが、レイクの在籍確認の場合は、「レイクですが、申込者の○○さんはいらっしゃいますか?」というような電話の掛け方は絶対にしません。必ず、個人名のみで電話をかけてきますので、安心していいでしょう。また、本人が不在だといういう場合にも、本人が在籍しているという事がわかれば、それだけで在籍確認と見なされますので、自分が知らない間に、在籍確認が終わっているというケースも十分に考えられるのです。

 

申込も、店舗まで行かなくてもパソコンや携帯電話から簡単に手続きをすることができますし、申込者の口座に入金される仕組みとなっているのです。在籍確認さえ終わってしまえば、あとは契約へと進みますので、在籍確認さえスムーズにクリアしてしまえば、そのあとはもう、心配事はなくなるのではないでしょうか。

 

キャッシング・カードローンの在籍確認・電話内容!

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用したい場合に審査申込みを行う必要があります。
その時に提出した情報に虚偽が無いか調べる為に、在籍確認として勤務先に電話が行く事になっている業者が多いですね!
この在籍確認では業者は個人名を語り電話をかける事になるので、勤務先に消費者金融で借金をしている事がバレる事は無いです!

 

在籍確認の電話内容の例としては
消費者金融 「もしもし、株式会社○○ですか? 鈴木と申しますが営業1課の○○さんお願いします!」  
会社 「○○は今、席を外しています!30分ほどで戻ってきますが、どのようなご用件でしょうか?」
消費者金融「いいえ、緊急の要件ではないので後日改めて連絡致します!」
会社「わかりました!では、よろしくお願い致します!」

 

消費者金融では、あくまで在籍しているかどうかの確認になります!
勤務先に在籍していることが確認できれば2度と連絡はありません。

 

しかし、この在籍確認を避けて消費者金融のキャッシングやカードローンを利用したいと希望する方は多いと思います!
在籍確認電話や家への郵送物から家族や周りに知られる可能性もありえますからね!
ところが消費者金融によってはこの在籍確認が無い業者もあり、郵送物に関してもメール連絡を行ってくれる業者もあり、家への郵送がされる事もなく利用可能です。しかし、契約に従って利用している間は連絡が無いですが、返済出来なくなる等のトラブルが行った時は連絡が来ます。

 

契約通りに返済を確実に行っている場合は確認の連絡無しで利用出来る消費者金融もあるので、在籍確認に抵抗がある場合は各業者のサービス内容を見て、確認連絡のない業者を選択すると良いでしょう。
しかし、大手の消費者金融(アコム・プロミス・レイク)などでは必ず在籍確認があります!
消費者金融でお金を借りることを知られるのは嫌な方は、クレジットカードを作った確認の電話とでも説明すれば問題ないと思います!

 

下手に、友達や知り合いから、と言い訳するのは不自然です!今時、仕事以外で会社に電話する人はいません!
携帯やメール・LINEでするのが常識でしょう!20年前なら別ですけどね!

 

キャッシング・カードローンを使う以上は確実に完済出来るような利用を行うようにしましょう!

更新履歴